トップ > 鋼線部門・SSLアンカー工法

鋼線部門 SSLアンカー工法

SSLアンカー工法はアンカーの長期的な耐久性向上を狙って開発された周面摩擦先端圧縮型と進行性破壊の危険性を回避することを狙って開発された拡孔支圧型に大別されます。
守谷鋼機はSSLアンカー協会のメンバーとして周面摩擦先端圧縮型アンカーテンドンの製作を行ない、工法の普及・発展を図っております。

ssl永久アンカー工法
SSL-CE型アンカーテンドン
工場組立状況
工場組立状況
圧着グリップ加工機
圧着グリップ加工機
  SSLアンカーの仕様等の詳細につきましては、サンスイ・ナビコ株式会社のホームページでご確認ください