トップ > 機材部門・各種機器材

機材部門 各種機器材

センターホールジャッキ

アンカーテンドンやプレストレストコンクリートの緊張用に必要なジャッキ・ポンプ、および定着具を提供しております。

・アンカーテンドンやPCの緊張作業は定着具が必要とするセンターホール径と荷重で決定されます。
・アンカー工事においては1本ごとに品質保証試験を行いながら定着するためテンドン自由長の伸び量を満足するストロークが必要です。
・当社はアンカーの試験緊張を想定したロングストロークジャッキを取り揃えレンタル機材として提供しております。
各種ジャッキチェアー
各種ジャッキチェアー

■ 所有ジャッキの一覧表
ジャッキの種類
(揚量)
kN
ストローク
mm
受圧面積

cm2
センターホール径
mm
質量

Kg
適応
200kN 200 35.2 23.5 26 φ12.7,15.2−1本用
350kN 50 46.9 32 12 ロックボルト用
500kN 150 74.7 38 35 φ17.8,19.3−1本用
600kN 180 86.55 60 45 φ12.7×4本まで
300 86.55 60 55
400 86.55 60 65
1000kN 180 148.44 80 70 φ12.7×7本まで
300 148.44 80 91
400 148.44 80 118
1600kN 200 236.99 107 115 φ12.7×12本まで
350 236.99 107 150
500 236.99 107 220
2500kN 200 368.7 140 - -
350 368.7 140 -
メンテナンスジャッキ600kN 100 164.85 100 96 φ12.7×4本まで
メンテナンスジャッキ800kN 40 176.7 120 109 φ12.7×7本まで
200   120 197
メンテナンスジャッキ1200kN 40 263.9 170 185 φ12.7×12本まで
不陸調整マット
アンカー独立受圧板の構造はプレキャストコンクリートや鋼製・樹脂製などがあり、アンカーが地盤に均一に分布されることが基本とされています。 不陸調整マットは凹凸のある法面においても受圧板の支持を可能にする装置です。
■ 特徴

1)地山に不陸があっても独立受圧板を均等に接地させることができます。

不陸調整マットは受圧板と同一型の袋状に縫製加工されており、全体をクローズド状態で制作しております。加圧状態になった時不陸調整マットの布部は凹部まで拡り空隙部に充填材が満たされます。
地山に不陸があっても独立受圧板を均等に接地させることができます。

2)鋭利な突起があっても不織布が包み、袋にピンホールを発生させません。

従来製品では、法面で除去できない樹木の切り株や 鋭利な岩の突起などによって損傷する例が多く見られました。不陸調整マットは地山接地面に不織布を使用しており、グラウト材が逸走するようなことはありません。
鋭利な突起があっても不織布が包み、袋にピンホールを発生させません。

3)不陸調整マットにはマチ部を設けてあり、必要な不陸調整高さはマチ部の高さで対応できます。

不陸調整高さ 5p以下の場合
センターは一般的にアンカー施工中 に凹高さが拡大します。
不陸調整マットにはマチ部を設けてあり、必要な不陸調整高さはマチ部の高さで対応できます。
マチ部高さ
不陸調整高さ 5p以上の場合
必要不陸調整高さ
 
不陸調整マットは受圧板の形状に応じて製作できます。

4)不陸調整マットは受圧板の形状に応じて製作できます。