トップ > 機材部門・DS受圧板

機材部門 DS受圧板

D&S円形受圧板
 グラウンドアンカー工は斜面安定工として活用されていますが、長期に亘って抑止力を維持するにはメンテナンスが欠かせません。
 D&S円形受圧板は力を効率的に伝達し、景観に優れた円形薄型の受圧板です。中央部に皿ばねを配置することでアンカー力を保持する機能を可能にした画期的な受圧板です。
皿ばねを採用することにより
1)クリープやリラクゼーション地山の膨張などでアンカー力が増減する時にアンカー力を維持できます。
2)地震によりアンカーが破壊する恐れがある時、荷重振幅の減衰効果がある。
3)凍上する可能性がある時、凍上による荷重増を吸収します。
2.薄型/3.多機能
グラフ1.長期/グラフ2.地震/グラフ3.凍上
D&S円形受圧板選定の目安
D&S円形受圧板の寸法